インプラントを長持ち

インプラントのお手入れとは

インプラント治療後のお手入れ

インプラント治療後の家庭でのお手入れは、残った歯を失くさないようにすることです。天然歯の歯根と骨の間には歯根膜があり、血液を供給し、虫歯菌や歯周病菌への抵抗力を保ってくれます。手術した歯は人工的なものですから、歯根膜がありません。そのため、細菌に感染しやすく、炎症の進行も早くなります。ですから、天然歯の抗菌力を活かすように、インプラントの歯を傷つけないように丁寧にお手入れする必要があります。ブラッシングは研磨剤の入っていないものを使い、歯と歯の間も歯間ブラシを使ってよごれをきれいに落としてください。デンタルフロスは手の届かないところも掃除できます。また、マウスウォッシュを併用すると、虫歯や歯周病の予防にもなります。

普段の手入れを大切に

失った歯の機能を取り戻すことが出来る歯科治療として人気・注目を集めているのが、インプラント歯科治療です。しかし、治療を無事に終えても、それで終了というわけではありません。治療後に適切な手入れをすることが出来なければ、トラブルに発展する可能性もありますので、注意が必要です。インプラントを長持ちさせるためには、普段の手入れとして正しい方法での歯磨きはもちろんのこと、定期的に歯科クリニックでメンテナンスを受けるようにしましょう。メンテナンス時には、正しい歯磨きの方法についてのアドバイスを受けることも出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントのお手入れとは All rights reserved