長持ちインプラント

インプラントのケア方法

インプラントの炎症を抑える

インプラントは人工歯根を埋め込みその上に上部構造である人工歯を付けて歯の機能を回復させる歯科治療の一つです。人工の歯は虫歯にはもちろんなりません。また人工歯根はあごの骨と結合しますが、神経まで再現するわけではないので、インプラント自体が炎症を起こすことはありません。しかしお手入れが不要かと言えばそうではありません。虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。ブラッシングや定期健診などを怠ってしまうと歯茎に炎症が起きて腫れたり痛みが出ることもあります。歯周病は人工歯根を支えるあごにも影響を及ぼすのでしっかりメンテナンスをすることで長く良い状態を保つことができます。

インプラントのお手入れ方法

インプラントが日本の歯科で実施されるように、ずいぶんの時間が経過しました。当初は、手術費用が高額になるなど、デメリットが目立つこともありましたが、最近では有益な虫歯の治療方法として定着してきました。その反面、どういった手術で、どういったことに気を付けなければならないのか等、よく知られて事が多いのも事実です。実は、手術よりも術後の方が大切なのです。というのも、術後、お手入れを怠り歯周病になってしまい、インプラントが使えなくなるケースも少なくないのです。そこで、効果的なお手入れ方法について紹介します。

インプラントお手入れ情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントのお手入れとは All rights reserved